DTIの格安SIMを半年お試し

スマートフォン料金プランが変更になって、格安SIMのプランも変更になってます。
今回は格安SIMを使ってみようかなと思っている方や、お子様用スマホに使ってみたり、タブレット等にお試しにお使いいただけるSIMをご紹介です。

初期費用はかかりますが、3GBを半年間無料で使えるSIMです。
余ったデータは翌月まで繰り越しでき、さらに契約者には会員限定の特典サービス「DTI Club Off」の利用ができます。
「DTI Club Off」とは宿泊施設や遊園地などのレジャー施設などが特別優待価格で利用できるサービスです。

まずはお試しで使ってみて、気に入ればそのまま使ってみてもお手頃価格ですし、気に入らなければ解約してもデータSIMであれば違約金等必要ありませんので、ノーリスクでお試しいただけます。

ご希望の方は下記バナーから申し込んでみてください。
ただし、初めて契約する方限定ですので、以前に契約した方はお試しできませんのでお気をつけください。

クリッカブルマップ(イメージマップ)をレスポンシブ対応にする

あまり必要な場面はないかもしれませんが、今回必要になったので覚書として。

まずはDreamweaverなどでも座標を簡単に作成することが出来ますが、サイトでも簡単に作成できます。

私が利用しているのはこちらのサイト

他にも同じようなサイトはあるので、ググって使いやすいサイトを利用するのも良いかもしれません。

ではレスポンシブに対応させるには以下のjQueryを利用します。

jQuery RWD Image Maps

使い方はいたって簡単。

まずはjQueryを呼び込んで、上記GitHubよりダウンロードしたjQueryを追加する。

そして以下を追加すればOK!

$(function() {
 $('img[usemap]').rwdImageMaps();
});

レスポンシブ設定はcss等で設定すればOKです。

YouTubeの埋め込み設定

iframeを使う方法

簡単で手軽な方法です。
YouTubeのプレイヤーのしたの共有ボタンを押すとリンクの共有の中に「埋め込み」という項目があります。
こちらをクリックするとiframeのタグが表示されるので埋め込みたい部分にコピペすればOKです。

仕様は変更になることもあるのでざっくりとご紹介。

詳細はググると丁寧にキャプチャー画像などを使って丁寧に説明してくれているサイトもあるので参考までに。

iframeのレスポンシブ

iframeのタグをdivで囲みcssで調整することでレスポンシブ対応が可能です。
以下がサンプルコード
※ 「HTML5でサイトをつくろう 」のサイト記事より参照してますので詳しくはサイトをご確認ください。

.クラス名{
 position:relative;
 width:100%;
 paddingtop:56.25%;
}
.クラス名 iframe{
 position:absolute;
 top:0;right:0;
 width:100%;
 height:100%;
}

ifarameのオプション

srcのURLの一番後ろに「?&autoplay=1」を追加すると 自動再生になります。

その他もろもろの設定はこちらに記載してます。

apiを利用する

こちらは埋め込みたい場所に以下のHTMLを設置し、JavaScript で設定する方法。

HTML

<div class="video-area">
 <div id="video"></div>
</div>

JavaScript

// YouTubeの埋め込み
function onYouTubeIframeAPIReady() {
ytPlayer = new YT.Player(
'video', // 埋め込む場所の指定
{
videoId: 'xxxxxx', // YouTubeのvideoIdを入れる
playerVars: {
loop: 0, // ループしない
controls: 1, // コントローラー表示
autoplay: 0, // 自動再生オフ
rel: 0, // オススメ動画を表示させない
showinfo: 1 // タイトル表示
},
events: {
'onReady': onPlayerReady
}
}
);
}

レスポンシブ対応にするなら playerVars に
height: "100%",
width: "100%",

を追加すると簡単に設定できます。
それ以外の設定は先ほど紹介したパラメーターの設定を参照してください。

videoId はYouTubeのURLの語尾にある「watch?v=xxxxxx」の「xxxxxx」部分です。

ボリュームについて

上記 JavaScript の後に以下のコードを追加するとミュートにすることが出来ます。

function onPlayerReady(event) {
event.target.setVolume(0);
}

音量は0-100まで指定できるようです。
ただしスマホはデバイスにに依存するそうなので event.target.mute(); を使うこともできますが、スマホだとミュートを解除できないようなので、どちらを使うべきか、、、という感じではありますが。

サイトによって使い分けると良いかもです。

pxをvwに変換する計算方法

cssにはcalc機能がついているので、デザインから画像サイズ等々をvwに計算する計算方法を見つけたのでメモ。

px÷画面サイズ×100=vw

上記で計算できるようです。
いろんなサイトを見て、色んな方法があるようですが、こちらが簡単だったので。

ACFのデイトピッカーの出力フォーマット

ACFのデイトピッカーをいろんな出力フォーマットに変換する方法です。
(ACFとはWordpressでよく使われている、Advanced Custom Fieldsというプラグインの略です)

<?php
$date = date_create(get_field('フィールド名'));
echo date_format($date,'Y/m/d');
?>

上記以外にもいろいろとサイトに合わせて変更してみてください。
(’Y/m/d’の部分をデザインに合わせて変更してみてください)

WordPress 同じページに検索を2つ設置する場合

WordPressでは以下のタグを入れると標準の検索フォームを設置することができます。
<?php get_search_form(); ?>
このタグは下記のようなHTMLになります。

<form role="search" method="get" id="searchform" class="searchform" action="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
<div>
<label class="screen-reader-text" for="s">検索</label>
<input type="text" value="" name="s" id="s">
<input type="submit" id="searchsubmit" value="検索">
</div>
</form>

上記タグを見るとidが使われているため、同じページに2つ設置するとエラーになります。
そこで下記の方法で設置するとidを使わずに設置することができます。

searchform.phpの設置

カスタマイズでフォームを作ります。
その方法はsearchform.phpというphp作成します。
idを使わずにclassで対応すると複数設置が可能です。
下記が参考例文です。
デザインに合わせてボタンに変更したり、クラスを追加したりして自由に変更できます。

<form role="search" method="get" class="searchform" action="<?php echo esc_url( home_url( '/' ) ); ?>">
<label class="screen-reader-text" for="s">検索</label>
<input type="text" placeholder="検索" value="<?php echo get_search_query(); ?>" name="s" />
<input type="submit" class="searchsubmit" value="検索" />
</form>

制作の際、気をつけないといけないことは以下の3点です。

  • formのaction属性にはWordpressのホームURLを設定すること
  • formのmethodはgetにすること
  • inputのname属性をsに設定

searchform.phpを制作すると、タグを記載したHTMLがこちらに置き換わります。

function.phpにて設定する場合

以下のコードを追加すると、検索フォームをHTML5に対応し、idがなくなりclassでの表示になります。
そのため、検索フォームを同じページに複数設置してもエラーになることはありません。

add_theme_support( 'html5', array( 'search-form' ) );

こちらのほうがお手軽で簡単かもしれません。

お好みに応じて使い分けると良いかもしれません。

詳しくは WordPress Codex に記載してますのでご確認ください。

WordPress タイトルタグの挿入方法

WordPressではタイトルタグをfunction.phpに記入します。
うっかりそのことを忘れてheader.phpとfunciotn.phpの両方に記入すると2重で表示されてしまうのでお気をつけください。

function.phpの書き方はとっても簡単。

add_theme_support( ‘title-tag’ );

たったこれだけです。
ただオリジナルでは「ページのタイトル – サイト名」といった形で表示されます。

いろいろとカスタマイズしたい場合は以下のサイトに詳しく記載されているので参考にされてみては?

WordPress title タグの出力

2019/3/17(〜20:00)までの緊急キャンペーン

3月の学生獲得のキャンペーンで様々出ておりますが、学生でネット環境がない方におすすめがソフトバンクのウルトラギガモンスター+です。
50GB使えて、人気の動画やSNSがカウントフリーとなるので、しばらくはこちらで運用してみて、どうしてもネット回線が必要になったら、回線申込みをするというのもありかもしれません。
最近はフリーWi-Fiスポットも増えてきているので、学生さんは学校やバイトで家にいる時間も限られているので、意外と回線引かなくても大丈夫かもしれないですよ。

キャンペーンID:0378
分割購入キャンペーン!

キャンペーン内容

1.iPhone8 64GB、Xperia XZ3、Google Pixel3 各容量、AQUOS zero
  1台乗り換えで90,000円/台キャッシュバック!
  2台以上の乗り換えなら100,000円/台キャッシュバック!

2.HUAWEI Mate 20 Pro
  1台乗り換えで100,000円/台キャッシュバック!
  2台以上の乗り換えなら110,000円/台キャッシュバック!

3.iPhoneXR 各容量、iPhoneXS 各容量
  1台乗り換えで70,000円/台キャッシュバック!
  2台以上の乗り換えなら80,000円/台キャッシュバック!

月額料金例
ウルトラギガモンスター+(50GB)の場合

最安のiPhone8(64GB)、通話無料なしプラン

ウルトラギガモンスター+6,458円
WEB使用料324円
基本プラン1,296円
端末代金1800円x48
1年おトク割-1,080円x12
下取りプログラム-990円x24 ※iPhone7の場合
ユニバーサルサービス料2円
合計7,810円〜(最安)

キャンペーンID:0317
一括購入キャンペーン

キャンペーン内容

1.iPhone8 64GB、GooglePixel3 64GB
  1台乗り換えで一括0円、さらにキャッシュバック15,000円/台
  2台以上の乗り換えなら一括0円、さらにキャッシュバック25,000円/台

2.Xperia XZ2、Android One S5、DIGNO J
  1台乗り換えで一括0円、さらにキャッシュバック50,000円/台
  2台以上の乗り換えなら一括0円、さらにキャッシュバック60,000円/台

3.iPhoneXR 各容量、AQUOS zero、HUAWEI Mate 20 Pro
  1台乗り換えで一括15,000円/台
  2台以上の乗り換えで一括5,000円/台

月額料金例
ウルトラギガモンスター+(50GB)の場合

最安のiPhone8(64GB)、通話無料なしプラン

ウルトラギガモンスター+6,458円
WEB使用料324円
基本プラン1,296円
端末代金0円 ※一括購入のため
1年おトク割-1,080円x12
下取りプログラム-990円x24 ※iPhone7の場合
ユニバーサルサービス料2円
合計6,010円〜(最安)

キャンペーン適用条件

  1. auかドコモの回線契約からのお乗換え限定
    ※MVNO(au、docomo系の回線)も対象。
    ※新規契約、機種変更は対象外。
    ※Y!mobileから変更は対象外。
  2. 携帯電話の契約を1年間継続。
  3. ウルトラギガモンスター+を最低3ヶ月間継続。
  4. あんしん保証パック、基本パックのご加入
    ※あんしん保証パック(初月日割、不要であれば即解約可能)
    ※基本パック(初月無料、不要であれば即解約可能)
    最寄のソフトバンクSHOPさん、My Softbank、コールセンター157にて変更可能です!
  5. 毎月の料金のお支払方法がクレジットカードであること。
    ※口座振替の場合、キャッシュバック(機種代値引きの場合は値引き)が-5,400円/台となります。

学生さんにおすすめの銀行口座

ATM無料の口座が新生銀行をはじめ、なかなか少なくってきた
なか、最近できたGMOあおぞら銀行はATM無料特典などがありおすすめです。

  • ATM手数料がセブン銀行で2回まで無料
  • VISAデビットカードがついてくる
  • ポイントがつく
  • 為替取引など優待がある

色々とキャンペーン等々で条件が変わったりもしますが、
伸びしろが期待できそうな銀行の一つです。

申込は下記バナーよりどうぞ

引っ越しシーズン到来

引っ越し料金を抑える

受験シーズンに入って、これから新生活の始まる学生さん、就職、転勤などでこれから引っ越しが必要な方が増えてくる時期かと思います。

引っ越しする際、以下のサイトなどで簡単に複数の業者に問い合わせができます。

出費の増えるこの時期なので、少しでも安く引っ越し費用を抑えるために、比較サイトを利用するのもおすすめです。